話題のレビトラが発揮する効果の持続時間は、容量によって決まっているようです。10mgの持続時間はだいたい5〜6時間、容量20mgの持続時間は約8〜10時間ほどなのだそうです。
バイアグラの作用継続時間はもって6時間ですが、レビトラの作用時間は最高で10時間とされています。早く効き目が現れて長時間に亘って効果を持続させたい場合は、食間を狙って飲んだ方が有用です。
カプセルタイプよりも液体の精力剤を摂った方が即効性は期待できますが、長期間飲用することで性機能アップと精力向上が促されるのは錠剤タイプの方です。
シアリスの成分「タダラフィル」には、シルデナフィルなどのED治療薬とほぼ同じく、「PDE-5」という名の酵素の動きを抑える効果を持っており、ペニスの力強い勃起をアシストします。
お酒によって、さらに強くシアリスのサポート効果を感じることができる場合もあると言われています。そんな事情からか、少しのアルコールはたまには推奨されることもめずらしくありません。

即効力に優れたバイアグラやレビトラがある一方で、徐々に効果が出てきて長時間にわたり持続するのが利点のシアリス。自分に合致するED治療薬を選択することが大切です。
少々のアルコールは血の巡りが良くなり心身ともに癒やされますが、その際にシアリスを服用すると、その効果がいつもより体感できるようになるという方も多いのです。
ED治療薬のシアリスは、カロリーオーバーな食事を摂らなければ、食後に飲用したとしても効き目が現れますが、まったく支障がないというわけではなく、空腹時に使用した場合と比較するとその効果は低減してしまいます。
ED治療薬シアリスのジェネリックタイプは、多数の人がネット通販を使用して買い入れています。ジェネリックだったら安価な値段で買えるので、家計にそんなに影響を与えずに長い期間に亘って摂ることができるものと思います。
世界諸国には日本の中では入手できない多種多様なバイアグラの後発医薬品が存在しますが、個人輸入をすればローコストで手に入れることができます。

バイアグラの効果が発現するまでの時間は、1時間弱だと聞いています。従って性行為を行なうタイミングを計算に入れて、いつ内服するのかを決定しなければならないのです。
ED治療薬の後発医薬品は、ネットを利用すれば日本にいても購入することができます。いっぺんに取り寄せられる薬品の数は限定されていますが、およそ3ヶ月分という量だったら輸入可能です。
「バイアグラなどのED治療薬より、勃ち効果が非常に長い」という特色があるため、シアリスは高い人気を有しています。そんなシアリスの入手方法のうち多くは個人輸入なのです。
シアリスは一部の間では「ウィークエンドピル」とも呼ばれていて、読んで字のごとく週末の夜間に一粒服用するだけで、日曜の朝に至るまで効果が維持されるというような特長を有することから、その名前が付けられました。
かつてと違って、最近は誰でも気安くED治療薬を買うことができるようになりました。特にジェネリック薬品であれば安価で入手できるので、コストで悩んでいる人でも試せるのではないでしょうか?